PAGE  58>>


  ※をクリックするとamazon.co.jpによる詳細及びCD購入が可能です。
  ※購入時の配送料金は1,500円以上無料、詳細はこちらをご覧下さい。

::: GWEN STEANI / LOVE.ANGEL.MUSIC.BABY 
マドンナ越しちゃった?
ちょいとスカ系のロックバンド「ノー・ダウト」のヴォーカル「グウェン・ステファニー」
のソロアルバム。
想像以上にピコピコサウンドだ!
でも、すごいね。この人。今までとはまるで違うジャンルの土俵で、
同ジャンルでで活躍している人の域までいきなり達してる。超えてる?
天才開花、そんなびっくりアルバムに間違いない。
日本大好きグウェン嬢。日本をイメージした数曲、これまた面白い・・・・
彼女は天才をびっくりさせられるアルバム。
::: ANA JOHNSSON / THE WAY I AM 
「スパイダーマン2」のテーマソングに起用され話題の「アナ・ジョンソン」
このスパイダーマン2のテーマソングを聴く限り、ロック路線でアルバム全体的にも
ロック×ロックしているかと思えば、そーじゃなかった。
どちらかというと、ポップス系の音作りになっている為、スウェーデン出身っというお国柄
が微妙に出ている。
正直おもいっきり日本マーケット狙い!
でも、日本人好みなサウンドはBGM的にも、違和感無く聴けて、ポップなアルバム
として、良いアルバムじゃない?
とにかく驚いたのが、4曲目の「I'M STUPID」、これってPrime STHのコピー?

::: LO PRO / LO PRO 
やっぱり紹介したいこの一枚。
今となっては、ほんと難しいヘヴィロック界。
日本では特に、今だ脚光を浴びずにほしいバンドだと思う・・・・・・。
このバンド、一言でいうとFILTERに音楽性がそっくり!
FILTER好きなら違和感なく聴ける、そんなヘヴィでありながらもメロもしっかりしている
良いバンド。
歪んだギターと、どっしりとしたベース、安定したドラム、スローな曲にはヴォーカルの
良さが際立つ。
何度も聴かないと、かなり良い一枚とは決して言えない、でもやはり良い・・・
そんな狭間だけに、2ndや、3rd辺りで火が付く事を期待。
重過ぎないヘヴィロックファンは自分の耳で確認してほしい。

::: ASHLEE SIMPSON / AUTO BIOGRAHY  
ガールズロックって、実は難しい市場なのかもしれない?
そんな中、Avril Lavigneの成功で、等身大?の女の子がロックっという
ジャンルで成功できる土台整った今日、あの「ジェシカシ・ンプソン」の妹が
なんとポップでロックチューンなジャンルでデビュー。
お姉さんとは違い、アシュリーの声はロックに案外合う。。。。
アルバムの出来は?
これがまた、とっても聴きやすくて、どの曲も粒ぞろいで良〜く練られたロックで、
このアルバムが売れない理由が見当たらない?!
そして、最近では、Michelle Branchなど手がけた事で知られる、
John Shanksがプロデュース・・・・。ん、なるほど。

::: ALTER BRIDGE / ONE DAY REMAINS 
CREEDが解散。。。。。。残念。
が、
ヴォーカルにMAYFIELD FOURのマイルズ・ケネディを向かえ新しいバンドで再スタート。
CREEDのサウンドのレールに乗った、違和感の少ないサウンドに・・・・・。
オルタナヘヴィロックから、若干メタルチックなサウンドに変化したもののやはり
中身なCREED、ギターのテクや、伴奏の安定ささすが。
ヴォーカルのチャンジによるバンドは数多くいるものの、やぱりそのヴォーカルに
あった曲や、伴奏ができるか、柔軟なバンドの変化が生き残りを左右するのでは?
そんな中、CREEDの良さ生かしつつ、ALTER BRIDGEとして、柔軟性を見せ新しい
スタート切っている。







copyright (c)2004 Saka All Rights Reserved.