PAGE  38>>


  ※をクリックするとamazon.co.jpによる詳細及びCD購入が可能です。
  ※購入時の配送料金は1,500円以上無料、詳細はこちらをご覧下さい。

::: JOH MAYER / ROOM FOR SQUARES
「スニーカーを履いた天才メロディメーカー」、そんな売りも納得。
なるほど、24歳の天才「ジョン・メイヤー」。
既に輸入盤発売から、話題を集めていたこのアルバム、日本盤が発売され、
さらに高まる事でしょう。
「スティーヴィ・レイ・ヴォーン」を聴いてブルースに目覚めたのが13歳。
各曲もそのブルースを基本に落ち着いたロックが心地良くも、驚きがある。
ラジオから流れてきそうな曲、古風なロック調とも思えるやさしい雰囲気も漂う。
今USで、昔風、伝統のUSロックがまた見直されている気がする中、
まさに時代に見直された最後の天才ではないでしょうか?

::: M2M / THE BIG ROOM
ノルウェー出身の女の子2組み。デュオならではの爽やかポップスと
軽快なサウンドを届けてくれました。
前作、ポケモンのサントラにフューチャーされ、まさか?の大ヒット。
そんな彼女達は、今作、かなりの意欲作に仕上がり、
決してポット出のアーティストではない事が証明出来たアルバム、
アーティストではないでしょうか?
前作に比べ、粒ぞろいの楽曲、そしてスケールアップしたプロデュース。
久しぶり良いと思えるポップスなアルバムです。

::: A / HI-FI SERIOUS
バンド名が「A」。そして、兄弟が3人もいる5ピースバンド。
英誌絶賛のこのアルバムは、正直ファーストインプレッションが悪かった、
しかし、この個性あるヴォーカルと、ドラムマシン並の正確なリズム、
控えめな、ギターのバックキングや、予想無能なメロディ展開。。。
聴けば、聴くほど、このアルバムに引き込まれていく。。。。
USっぽい雰囲気も漂う所もあれば、やっぱりUKっぽい感じもある。
そう、一回聴いただけでは、このサウンドの良さを理解できない、
不思議な魅力があり、いつの間にか何度も聴けるアルバムに変わっていく。。。
今後、きっと大きなアーティストに成長しうるバンドでは?

::: THE GOO GOO DOLLS / GUTTER FLOWER
通算7作目と息の長いバンド。
これぞ、USロックっといった雰囲気は、さすが。。。。。
前作の「アイリス」が500万枚以上を売り上げるだけの事はある安心して
聴けるロックバンドではないでしょうか?。
また、前作からの続き物的なアルバムの仕上がりです。
そして、今作もストラトギターとオーバードライブの効いたギターサウンドと
8ビートのサウンドは、ドライブサウンドにぴったりな?スケールの大きさを感じます。
パンクっぽいサウンドバンドから、バラードが絶品のバンドに成長した。。。。
すっかり、定番的バンドは、今後も変わる事のないサウンドを届けてくれるでしょう!

::: PHANTOM PLANET / GUEST
聴けば聴くほど良いバンドだ。。。。。
1回目より、10回目...どこか暖かい気分にしてくれるロックです。
特に伴奏は上手くないものの、USのモダンロックな雰囲気と、
UKっぽいベースライン。
ちょっぴり「STEREOPHONICS」のヴォーカルの歌い方にも似ている。
「STEREOPHONICS」の様に完成されたサウンドではなく、チープな雰囲気と
暖かさ、こういう雰囲気を狙っても、なかなかだせないセンスを感じます。
この良さと雰囲気が、何十回も聞いてしまう秘密かもしれない、
ミドルテンポで、泣きそうなヴォーカルは心に響きます、そんな感覚を味わえる
良いアルバム。





copyright (c)2004 Saka All Rights Reserved.